2010年04月28日

ボラティアな旅~沖縄サンゴ移植体験ツアー

4/24公開された映画『てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~』は、「妻や子供にもう一度沖縄のきれいな海を見せたい」と、養殖サンゴの移植に取り組んできた金城浩二(きんじょうこうじ)さんの同名原作を映画化した作品です。

サンゴ礁は眺めているだけでも美しく、ダイビング・シュノーケリングをしたことがある人は、それだけでも「ぜひ守らなければ!」という気持ちになることでしょう。

でもサンゴ礁の大切さはそれだけにとどまりません。

海中で生きる生物の実に4分の1が何らかの形でサンゴ礁に関わって生きているとされています。
また、海は地球にとって酸素の供給源でもありますが、サンゴ礁は海の酸素供給に重要な役割を果たしています。

しかし、地球温暖化や沿岸開発の影響で、サンゴ礁は大きなダメージを受けてきました。
海水温が上昇することによってサンゴの体内にすむ藻が逃げ出し、サンゴが真っ白になってしまう白化という現象は皆さん見たことがあるでしょう。
沖縄のサンゴも1970年代から比べると90%も減少したと言われています。

金城さんは、さまざまな紆余曲折も経ながら、世界で初めて移植したサンゴの産卵を成功させます。
このあたりの詳しい経緯はぜひ映画を見てみて下さい!

その金城さんが当時理事長となり5年前に立ち上げたNPO法人がアクアプラネットです。
今回わたしたちはアクアプラネットと共同で、養殖サンゴの移植を体験できるツアーを企画しました。

サンゴは陸上で養殖されるため、海に移植するには一本一本ダイバーが手作業で植えていく必要があります。
育てた養殖サンゴを海に移すのには、数多くのダイバーの協力が必要なのです。

ダイバーの皆さん、沖縄の海にサンゴを取り戻す活動に参加してみませんか?

◆ツアーの詳細はこちら
沖縄サンゴ移植ツアー4日間
<発着地> 東京
<参加条件> Cカード保持者

★☆★Special★☆★
5/29(土)にアクアプラネットの春特別植え付けイベントあります。
このイベントに参加する特別ツアーも設定しています。
イベントには現理事長の女優・田中律子さんも参加予定です*。
ぜひこの機会にサンゴの植え付けを体験してみて下さい!!
アクアプラネット春のイベント参加ツアー
*ご本人のご都合により参加できない場合もあります。
posted by heart warmer at 20:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 新着情報 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。